2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリスティン & コーリー

tumblr_mrrcbdTtxF1sooliso1_1280.jpg

トリスティン
昔 : 12歳  ユタ州 ソルトレーク・シティー
今 : 29歳 イベント・プランナー  ユタ州 ソルトレーク・シティ在住

コーリー
昔 : 9歳  ユタ州 サンディー
今 : 33歳 デザインマネージャー  ユタ州 ソルトレーク・シティ在住

“ローラーダービーを通してトリスティンとコーリーに会ったの。トリスティンのローラーダービーのニックネームは“キッド・ビシャス”。私、この二人が大好き。お似合いだし、お互いがよく似てるのよ。二人はずっと7キロ以内のところに住んでいたんだけど、全然会ったこともなかったし、将来結婚して一緒に面白おかしく暮らすなんて、思っても見なかったの。
他の人達と同様、トリスティンも自分の事を、よくみっともないと感じてたのよ。暇な時間は空想したり、祖母の家の庭で遊んだりしてたの。特に友達もいなかった。6年生の時にやっとできた友達には、中学に入ったらもう友達じゃなくなる、トリスティンと一緒にいるところを他の子に見られたくないって言われたんだって。初めての親友(リア)ができるまでの彼女の中学時代は悲惨だったみたい。でも、リアはすぐに引っ越してしまったの。高校時代も同じ。仲良しの友達ができて、一緒にいる時も多かったけど、やっぱりしっくりこなかったの。でも、初めての仕事に就いたとき、やっと生涯の友達といえる友人、キャシディーと二コールに出会ったのよ。彼女達がトリスティンに自分らしく生きる事、そして、みっともなくても、他の人と違っていても構わない、むしろその方がいいって事を教えたの。個性が生まれたのね。でも、トリスティンとしては、やっぱり自分は変わってるから結婚も出来ない、ロマンティックになれる相手なんて見つからないと思ってたの。だけどその何年か後に彼女と同じぐらい変わってるコーリーに出会ったのよ。

コーリーはいつも独創的な子供で、友達も欲しいと思ってた。もちろん、友達はいたけれど、中学生になる頃には殆どいなくなっちゃったわけ。色んなグループの友達の輪に入ろうとしたけど、なかなかしっくりこなかったし、なんとなく外部者みたいだったの。誰かの仲間に入りたくて、ギャングのグループに入ろうともしたけど、タイピングのクラス中にタトゥーを入れることに失敗したのが原因で、グループからいじめ出されて・・。その後はストレート・エッジのスケーター(ハードコア・パンク・スケートボーダー)グループ、ヒッピーグループ、そして締めくくりは、かっこいいスポーツマン。本当の自分を見つけ出したのは、いくつかの大きな問題を乗り越えた後、高校を出てから2年ぐらいしてから。それは、彼がティーンの時に試してみた全部の事の混ぜ合わせだったの。やっと彼の独創的で変わってる彼をそのまま受け入れてくれる友達が出来たのよ。(今でも親しい友人。)本当の自分を見つけ出したけど、沢山の女の子達からは、“ボーイフレンド”のタイプじゃないって言われたの。自分はそうなんだって受け止めてたけど、やっと結婚できたと思ってたら、今度はワイフに“夫”のタイプじゃないって言われちゃって。初めての結婚生活が粉砕した後、彼と同じぐらい変わってて、自信を持てないトリスティン、今のワイフに出会ったの。この二人は結婚相手だけじゃなくて、やっと親友を見つけたのよ。


http://awkwardyearsproject.com/



スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

Profile

かおりUSA

Author:かおりUSA
Welcome to FC2!

 

Latest journals

Latest comments

 

Latest trackbacks

 

Monthly archive

Category

Search form

 

 

Display RSS link.

Link

Friend request form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。